公務員浪人の面接予備校

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人向きの面接講座

公務員浪人で面接試験合格するには?

 

公務員浪人者の多くは勉強時間の確保において現役合格を狙う学生に比べて有利ですので、比較的一次試験の筆記試験は突破しやすい環境にあると言えます。

 

しかし、公務員試験で一番大切になるのが面接対策講座又は予備校の選び方です。

 

なぜなら近年、公務員試験は年々人物重視の傾向があります。もはや、勉強ができるだけで採用されるのは難しい話になってきました。

 

確実に一発合格を狙うのであれば面接対策を強化する必要があることは言うまでも無いでしょう。

 

時間のある公務員浪人者だからこそ、勉強時間と面接対策を両立させることができるはずです。

 

一般的に現役合格を狙う学生は面接対策を後回しにして一次試験対策に奮闘する傾向があります。

 

一次試験の合格発表があってから動き出す学生も珍しくありません。しかし、公務員試験の難易度から見て1ヶ月前からの面接対策でライバルに差をつけることはできません。

 

出来れば、試験3ヶ月前までにはある程度、志望動機・自己PRなど超重要項目は完璧に考えておくべきです。

 

面接だけの公務員講座はある?

 

最近では公務員人気から面接対策だけの講座を実施している予備校も珍しく無くなってきました。

 

特に高卒程度や専門・短大卒程度の公務員試験の受験者は筆記試験は独学で突破を目指して、面接試験だけ専門家の力を借りるパターンで最終合格を目指す人も多いようです。

 

確かに難易度の低い高卒程度の公務員試験であれば、筆記試験は独学で十分合格できます。

 

しかし、面接試験は合否を決めるモノですので、独学では不安になる人も多いと聞きます。

 

独学よりも面接対策専門講座の方が効率性が高く、志望動機など面接の答え方を学べますので、今年必ず合格したい人にはおすすめです。

 

面接対策講座の種類

 

面接対策講座の種類は地方公務員であれば県庁職員、市役所職員、警察官、消防士などに分かれ、国家公務員であれば一般職・総合職、国税専門官、刑務官、海上保安官など各コースに分かれていることもあります。

 

特に専門コースで受講する必要はありませんが、できれば元公務員試験の面接官を経験された方などその道のプロから合格ノウハウを学ぶことをおすすめします。

 

最近、公務員浪人の方に人気の面接講座に公務員面接一発合格講座などがあります。

 

元市役所で面接担当をしていた人で、民間企業でも採用面接の経験が豊富な方がノウハウを教えてくれます。

 

合格者も多数出ている信頼の厚い公務員面接対策講座の1つです。値段も予備校の公務員講座と比較するリーズナブルな価格になっていますので、無職やニートの方の口コミ・評判が良いです。

 

他には公務員予備校の面接講座があります。選び方のポイントはできるだけ多くの公務員スクールの資料を集めて、比較することです。

 

資料にはネットに掲載されていない情報が記載されていることもありますので、要チェックです。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク

公務員浪人の面接対策講座記事一覧

 

フリーターを脱却して公務員になるにはどうすれば良いだろう?そう考えている現代の若者は多いのではないでしょうか?今の時代、無職・ニート・フリーターの20代だけではなく、30代・40代・50代からでも公務員への転職を考える人が大勢いる時代ですからね。人気のある公務員・警察官・消防士になれば両親は安心するし、自慢の息子・娘になるのではないでしょうか?このページではフリーター・ニート・無職の方でも歓迎して...