浪人 地方公務員試験

MENU
スポンサードリンク

浪人して地方公務員試験に合格するには

地方公務員はバブル崩壊以降、収入が安定感している、社会貢献の高い仕事ができるなどメリットが多いことが知られ始め、高校生・大学生から非常に人気のある職業になってきました。

 

結果、現在の公務員試験は昔に比べて、公務員予備校の環境が整っている、競争率が激化しているなどの理由で一発合格するのが難しくなってきました。

 

ここ数年、公務員試験は浪人して当たり前と言われているようになり、多くの受験生は次の試験で合格するために予備校・通信講座が利用して臨みます。

 

通信講座・通学教室おすすめは?

 

まず、公務員試験に浪人する方で独学で目指そうと考える人はほとんどいないでしょう。通信講座と通学教室に地方公務員試験対策が絞られてくる訳です。

 

少し前まで通信講座は社会人など忙しい方が活用するイメージがありますが、最近では高校生・大学生でも活用している方が大勢ます。

 

通信講座のメリットは通学教室に比べて費用が安いということと、通学する手間がはぶけるということです。実際に通うのが辛くなってしまって続かない方も多いので、通信講座を選ぶのも1つの手です。

 

但し、DVD、WEB、音声DL、スマホ、テキストなどを使って講義を受講するシステムですので、質問をしても回答までに多少時間が掛かってしまうデメリットがあります。

 

通学教室のメリットは友達を作ることができ、モチベーションが上がることです。また、生講義であれば、授業後など気になる点を聞くことができます。

 

デメリットは費用が高いということですね。

 

地方公務員は上級・中級・初級に分かれて実施されている

 

地方公務員試験は一般的に大卒程度の上級区分、短大・専門卒程度の中級区分、高卒程度の初級区分に分類されて実施されています。

 

それぞれの試験に強い予備校を選ぶことが、合格のカギになるでしょう。

 

キワード:無職、ニート、フリーター、アルバイト、既卒

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク

地方公務員の浪人記事一覧

 

警察官になるには都道府県単位で実施されている試験に合格する必要があります。一般的に警視庁を特別視している人もいますが、お隣の神奈川県警察、千葉県警察と何ら変わりの無い一つの自治体です。警察官試験と言えば公務員試験の中では圧倒的に難易度の低い、簡単な試験として有名です。難易度の低いと呼ばれる刑務官、消防士よりも一段階・二段階レベルが低いということで、単純に公務員になりたいだけで受験する人も多いようで...

 
 

東京都と言えば、日本の首都で人口は1000万以上います。その巨大な組織を支えているのが東京都庁のエリート集団という訳です。エリートと言っても、ニートやフリーターの高卒からでも就職できますし、三流大学出身者でも合格することは十分可能です。ただ、大卒程度の受験者のレベルは高く、東京大学、早稲田、慶応、その他上位国立大学出身者など名門大学に通っている方や過去に不合格になって浪人している方が大勢います。し...

 
 

消防士と言えば、地方公務員の公安職として安定した身分や比較的社会的地位・信頼性の高い職業です。ファイヤーマンとして男性の憧れの職業でもあり、合格して就職するには学力だけではなく、体力も必要になります。警察官の採用試験が都道府県単位で実施されているのに対して、消防士試験は市町村区で基本的に実施されていて、1つひとつの採用試験の募集人数は非常少ない。そのため自治体によっては高倍率になることも珍しくあり...