浪人 国家公務員試験

MENU
スポンサードリンク

浪人して国家公務員試験にチャレンジ

国家公務員と言えば難易度が高いイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?実際に国家公務員総合職(旧Ⅰ種)は司法試験・公認会計士試験と並び日本三大難関国家資格の1つに数えられています。

 

国家公務員試験は大きく3つの試験区分に分かれています。おおよそのレベルを独自の目線で調査してみました。

 

  • 国家総合職(Ⅰ種):東京大学・京都大学レベル
  •  

  • 大卒一般職(Ⅱ種):早稲田、慶応など上位私立大レベル
  •  

  • 高卒一般職(Ⅲ種):マーチレベルの大学に合格できる程度

 

どの学歴区分も難しく、浪人する学生・社会人が多いのが特徴的です。国家一般職の高卒程度の場合であれば、それほど難しくないのでは?と考える方は多いのですが、高校生現役で合格するのは非常に難しいと言われています。

 

その理由の1つとして挙げられるのが、1年、2年、3年・・・公務員専門学校・予備校でがっちり勉強している浪人生の存在です。現役で合格するということは、自分より1年・2年前から勉強している方に勝たなければいけないということです。

 

公務員試験は現役が有利・浪人が不利ということは一切ありません。全て実力主義ですので、現役だから甘くしてくれるということは無いと思っていた方が良いでしょう。

 

国家公務員試験は浪人して当たり前だから気にするな!

 

上記で説明したとおり、国家公務員試験は倍率が高く、難易度が高いので一発合格は非常に難しい。浪人して当たり前なのです。

 

採用後は現役組に比べて多少遅れをとりますが、1~2年程度であれば、努力次第で追い抜くことは十分に可能です。国家公務員の浪人生は兎に角、目の前の試験に打ち込みましょう!今年、絶対に合格するんだ!という気持ちを忘れずに!

 

キワード:無職、ニート、フリーター、アルバイト、既卒

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク

国家公務員の浪人記事一覧

 

裁判所職員は総合職(大卒・院卒)、一般職(大卒・高卒)の区分に分かれて試験が実施されています。ほぼ全ての公務員試験・合格後の仕事や待遇を分析したが、個人的に裁判所事務官は特におすすめできる公務員であると言えます。その理由は大きく2点。書記官・裁判官にステップアップ可能裁判所事務官として、そのまま勤務することもできますが、できればキャリアを積んで書記官・簡易裁判所の裁判官を目指したい。理由は活躍の場...