浪人 警察試験

MENU
スポンサードリンク

浪人して警察官試験に合格するには

警察官になるには都道府県単位で実施されている試験に合格する必要があります。一般的に警視庁を特別視している人もいますが、お隣の神奈川県警察、千葉県警察と何ら変わりの無い一つの自治体です。

 

警察官試験と言えば公務員試験の中では圧倒的に難易度の低い、簡単な試験として有名です。難易度の低いと呼ばれる刑務官、消防士よりも一段階・二段階レベルが低いということで、単純に公務員になりたいだけで受験する人も多いようです。

 

しかし、実は警察官採用試験の難易度が低いと言われているのは筆記試験に限ったことだけで、面接試験に関しては一般行政職・事務職と難易度はそれほど変わらないと言われています。

 

警察官浪人をしている人も一次試験で毎回つまずく方は珍しく、大抵は二次試験の面接試験で不合格という結果になってしまっています。

 

警察官浪人の攻略の秘訣は面接対策にある

 

筆記で毎回、落ちているというのであれば教養試験対策の勉強をしっかりするべきですが、すでに合格レベルに達している学力があるのであれば、筆記試験対策を中心にする必要はありません。

 

2次試験を想定して面接試験対策、体力試験対策に励みましょう。まず、面接試験の対策ですが、これは独学はおすすめできません。

 

家の人に面接官になってもらって対策をしている方もいるようですが、一般の人は基本的に警察官面接のノウハウを持っていません。そのため適確なアドバスをもらえることは少ないのです。

 

更に民間面接の知識が豊富な人が指導すると、公務員面接で求められることや主旨がずれて悪影響になる可能性も考えられます。できれば、予備校で鍛えてもらうことをおすすめします。

 

公式ページには詳細内容が掲載されていないことが多いので、とりあえず複数の学校の資料を集めて比較してみることをおすすめします。

 

キワード:無職、ニート、フリーター、アルバイト、既卒

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク