浪人 裁判所職員

MENU
スポンサードリンク

裁判所事務官は浪人してでも目指す価値がある

裁判所職員は総合職(大卒・院卒)、一般職(大卒・高卒)の区分に分かれて試験が実施されています。ほぼ全ての公務員試験・合格後の仕事や待遇を分析したが、個人的に裁判所事務官は特におすすめできる公務員であると言えます。その理由は大きく2点。

 

  • 書記官・裁判官にステップアップ可能
  • 裁判所事務官として、そのまま勤務することもできますが、できればキャリアを積んで書記官・簡易裁判所の裁判官を目指したい。理由は活躍の場は大幅に広がりますし、給与・年収にも大きく影響してきます。全ての方が裁判官で出世レースに勝ち残ることはできませんが、司法試験に合格しないで裁判官になれてしまうのは相当魅力的と言えるでしょう。

  • 条件を満たせば司法書士の資格を取得できる
  • 司法書士の資格を知っている方は絶句しているかと思いますが、登記の専門家で法律系国家資格の中でも司法試験の次に難しいと言われている超難関資格です。裁判所事務官は勤務年数など一定の条件を満たすことがで、取得することができます。独立開業可能の資格で、平均年収は800万円前後と言われています。もちろん、努力・実力次第では数千万円単位の年収を稼ぐこともできます。

 

*法改正等により、適用されなくなる可能性もありますので、注意を!内容が古い可能性があるので各自で必ず確認してください!

 

浪人して裁判所事務官になるには?

 

独学はとりあえず、おすすめできない。現在では裁判所事務官や公務員試験の受験者の多くは予備校に通って対策を練っています。予備校・専門学校では要点を絞った学習をしているので、やはり効率性は高いと言えます。さらに面接対策・論文対策などのサポートも充実していて、独学では手に入らないような情報を得ることができるケースも多い。

 

浪人対策として利用する場合、まず公務員予備校の資料を集めて比較してみることをおすすめします。

 

キワード:無職、ニート、フリーター、アルバイト、既卒

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク