公務員浪人の通信講座

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人におすすめ予備校

公務員浪人の予備校・通信講座について紹介します。

 

予備校・通信講座のメリットとは

 

公務員浪人者は一度失敗しているだけ合って、予備校を選択枠に入れる方は多いはずです。

 

公務員試験はご存知の通り、教養試験・専門試験の試験範囲が膨大で、何を重視して勉強すれば良いか不安になる受験生も多いと言われています。

 

実際に独学で試験勉強している方は誤った勉強法をしている方が多く、それが効率性を下げて合否を分けている可能性も考えられます。

 

更に、公務員試験の動向は近年、毎年のように試験の仕組みが変わってきています。公務員試験に合格するために常に新しい情報収集できる環境にあることは大切でそれをサポートしてくれるのが予備校・通信講座なのです。

 

情報量の多さや過去の豊富なデータから分析した攻略法などは公務員浪人者にとって魅力的です。さらに勉強日程を1人で適格に立てるのは難しく、効率的に合格するためのカリキュラムを作成している予備校や通信講座は勉強管理が苦手な受験生をサポートしてくれます。

 

公務員浪人におすすめの予備校は

  • 大卒程度:TAC(タック)
  • 短大卒:資格の大原・大栄教育システム
  • 高卒程度:アビバ
  • 社会人:TAC(大卒)・クレアール(高卒)

 

ズバリ言うと試験によっておすすめの予備校は変わってきます。TACでは大卒レベルの試験限定の講座を設置しています。国家総合職や超難関試験から、地方上級・国家一般職まで力を入れている予備校です。

 

高卒程度は教室予備校のアビバです。通信教育であればLEC・クレアールがおすすめです。

 

社会人経験者の浪人は大卒程度試験であればTACです。高卒程度であればクレアールですね。

 

予備校の選び方

 

予備校に通ったけど、公務員試験に失敗する方も中にはいると思います。同じ予備校に拘る必要なく、不満を持っていたり、合っていないと思えばすぐに違う予備校・通信講座に変えるべきだと思います。

 

予備校の選びポイントは多数の公務員の学校から比較して決めることです。そのためにはまず、できる限り資料を集めることですね。

 

下記のリンクから公務員予備校一覧を見ることができるので、是非参考にしてみてください。自分に合った公務員スクールが見つかると思いますので!

 

公務員試験学校ランキング

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク