浪人 東京都職員

MENU
スポンサードリンク

東京都庁試験を浪人して合格

東京都と言えば、日本の首都で人口は1000万以上います。その巨大な組織を支えているのが東京都庁のエリート集団という訳です。

 

エリートと言っても、ニートやフリーターの高卒からでも就職できますし、三流大学出身者でも合格することは十分可能です。

 

ただ、大卒程度の受験者のレベルは高く、東京大学、早稲田、慶応、その他上位国立大学出身者など名門大学に通っている方や過去に不合格になって浪人している方が大勢います。

 

しかし、東京都庁3類(高卒程度)は案外狙い目の公務員試験と呼ばれています。理由は採用枠が他の自治体に比べて何倍・何十倍も多い事が上がられます。

 

一般的に小規模の市役所などでは地方初級試験の採用枠は1名~3名程度が普通です。ケースによっては採用が見送られる可能性もあります。

 

しかし、東京都庁の高卒程度試験の場合、大体50名程度は毎年採用しています。倍率も10倍前後ですので、皆さんが思っているより難易度は低いです。

 

東京都庁に浪人して合格するには筆記試験対策が重要になる

 

東京都職員採用試験の特徴は、他の自治体に比べて教養試験・専門試験など筆記試験に重点を置いていることです。その結果、毎年一次試験の倍率は高い傾向があります。

 

東京都庁の試験で浪人する方の多くは筆記試験に通らないことが原因だと思います。逆に1次試験合格して、しっかり予備校などで面接対策をすればそれほど最終合格は難しくないはずです。

 

浪人して東京都庁を目指す方はまずは筆記試験対策のために公務員予備校や通信講座を利用することをおすすめします。選び方のポイントはできるだけ多くの学校の資料を集めて比較することがです。(公式ページに掲載されていない詳細内容を確認することができます。)

 

キワード:無職、ニート、フリーター、アルバイト、既卒

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク