公務員浪人 既卒

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の既卒職歴無しの受験者をテーマに紹介します。

 

最近では昔ほど既卒者の就職事情が厳しくなくなりましたが、やはり新卒者に比べると就職環境が良いと言えませんね。

 

そう考えると公務員試験でも、既卒者や職歴無しの受験生は採用者側にマイナスイメージをもたれてしまうのでしょうか?

 

既卒で職歴無しのパターンは公務員浪人者など良くあることです。新卒で公務員試験に失敗した人は既卒者になりますし、試験の専念するためにアルバイトや就職はしない人は多くいます。

 

必然的に無職で既卒者の条件を満たす受験生は数多くいる訳です。

 

採用者側の人間ですので、悪い印象をもたれる可能性があることは否定できませんが、実際に上記の条件を満たす公務員志願者で合格している人はいますので、それだけで落とされることはまずありえません。

 

公務員試験は基本的に受験資格を満たせば、学歴、経歴、年齢(満たせば)、関係あります。学歴高卒の経歴は無職、年齢は40代・・・じゃあ不合格ということは考えられません。

 

受験資格を満たせば誰でもの就職のチャンスがあるのが公務員試験なのです。自分なんて人生の負け組だ・・・なんて悲観的な考えを持っている人でも、公務員就職に成功すれば一気に自分は人生の勝組と思えるかもしれません。

 

公務員試験に実は人生逆転のチャンスのある就職先なのかもしれません。

 

既卒・職歴無の公務員受験生に頑張ってもらいたいのは面接対策です。1次試験は時間が膨大にあれば合格しやすいのですが、面接対策をおろそかにしてしまう人が多いのです。

 

最近では公務員面接対策のみの講座もありますので、1次試験対策で活用している予備校や通信講座以外で利用するのも1つの手です。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク