公務員浪人 民間企業

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人から民間就職をテーマに紹介します。

 

まず公務員と民間企業の違いから説明していきます。

 

ザックリと比較してみると、民間企業は会社の利益を追求する組織、公務員は国民生活の利益を追求する組織になります。

 

つまり、民間企業で自社を儲けさせることが使命になりますが、公務員の場合は省庁や自治体の利益だけはなく、市民、県民、国民のために働くことになります。

 

2つの仕事内容や目的は全く異なります。民間企業にも言えますが、公務員は人の役に立ちたいという思いが強い人が一層向いている職業だと思います。

 

逆に民間は会社に利益をもたらすことができないと、人の役に立つ前に利益を出すことが優先されます。

 

最近では公務員試験の難易度が高くなってきたのか、浪人して再チャレンジする受験生も多いようです。

 

その結果、効率の悪い試験対策をしている公務員浪人者は何年間もチャレンジしても合格できなくなってきたのです。

 

そして中には諦めて民間就職に流れる受験生もいる訳です。しかし、民間就職に流れるタイミングとしておすすめなのは公務員浪人を何回か失敗した後ではなく、大学・高校時代に現役受験で失敗した時に民間切り替えることです。

 

公務員試験に不合格になった後でも民間の採用試験まで残っているケースが多いので、新卒にこだわっているのであれば現役合格できなかった時点で民間就職に切り替えるのも1つの手だと思います。

 

正直言って日本の過去の就職事情を見ても既卒は新卒と比較して若干ハンデがあると考えられます。

 

 

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク