公務員浪人 末路

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人のその後末路を紹介します。

 

公務員試験に失敗した受験生のその後の末路の種類は大きく2種類に分かれると思います。

 

1つ目は公務員試験にチャレンジして公務員浪人をしないで、民間企業に就職先をシフトチェンジする方法です。

 

早い段階で、民間就職に切り替えれば、間に合う可能性は十分にあります。公務員になりたい理由が安定、高収入、社会的地位などが理由な人であれば公務員という職業にこだわる理由はないはずです。

 

その後の末路を考えた時のリスクを回避するチャンスでもあると思います。

 

2つ目は1年間公務員浪人して合格を目指すパターンです。もはや新卒という民間就職活動時の武器を失いますが、公務員になりたいという気持ちが強い人であればこの選択は正しいのかもしれません。

 

しかし、公務員浪人してもう一度失敗した場合の予備校や通信講座、その他生活の費の負担はバカになりません。

 

さらに浪人後に公務員への就職を諦めて、民間企業への就職に切り替えた場合、既卒になりますので、就職できる範囲が新卒に比べて狭くなることを覚悟する必要があります。

 

公務員浪人者の心配をする親や家族も多いようですが、彼は公務員浪人する行為に不安を抱いているのではなく、最終的に合格できなかった最悪のケースを想定した、末路にリスクを感じているのだと思います。

 

公務員浪人のその後が最悪のケースにならないためにも、効率の良い試験対策、利用するのであれば、予備校や通信講座の見直し・選びに力を入れるべきだと思います。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク

末路・その後関連ページ

怖い・危険
割合
合格・成功率
行政書士