公務員浪人 諦め・甘え

MENU
スポンサードリンク

甘えや少しでも諦めの気持ちを持つと公務員試験に失敗して浪人してしまうことになってしまいます。

 

公務員現役合格するにはできるだけ、自分に厳しく、「絶対に公務員になるんだ!」という強い気持ちを持って臨んで頂きたいです。

 

今年の公務員試験は諦めて来年合格を狙おうとする公務員浪人希望者も最近増えているようです。

 

しかし、もう少し自分に甘えないで勉強や試験対策に奮闘すれば合格できるかもしれない・・・

 

公務員になるチャンスは受験資格を満たしている限り誰にでもあるのです。甘えないで諦めないことが合格するカギになるのです。

 

まず、公務員浪人する人の特徴は甘える人と合格を諦めて、練習程度に試験に臨む人が大半です。

 

甘えるとは「勉強時間を1日10時間やる!」など自分なりに勉強方法や時間を決めたのにも関わらず、それを守れない人のことです。

 

もっといけないのは、努力目標を簡単にすることです。例えば自分の学力が乏しく膨大な勉強時間が必要になるのにも関わらず、1日2時間勉強すると決めてルール通り試験対策を進めても合格するのは難しいでしょう。

 

本気で公務員になりたいのであれば、甘えは禁物なのです。

 

諦めるとは「今から勉強しても今年合格は無理だ・・・」など公務員合格に対して否定的な受験生を指します。

 

しかし、公務員試験では院卒、大卒、短大・専門卒、高卒のどの試験でも、1ヶ月間、2ヶ月間、3ヶ月間など短期合格を成し遂げている人がいます。

 

彼がなぜ合格できたのか?その秘密は「絶対に公務員試験に合格する、就職したい!」という強い信念と最後まで諦めない気持ちです。

 

バスケットボールの大人気漫画スラムダンクでも「諦めたらそこで試合終了ですよ」という安西先生の有名な言葉がありますが、公務員試験もまさにそうです。

 

諦めなかった人には公務員試験に合格できるチャンスが残っていますが、諦めた人は公務員浪人という道を進むことが決定してしまうのです。

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク