公務員浪人 契約社員

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の契約派遣社員をテーマに紹介します。

 

契約社員と派遣社員は多少異なります。比較してまず分かりやすい違いが雇用関係になります。契約社員は会社と個人が直接契約、派遣社員は会社と派遣会社が契約することで成り立っています。

 

契約社員と派遣社員にはそれぞれのメリットとデメリットがありますが、どちらが上で下とかは無いようですね。

 

では早速、契約又派遣社員として働きながら公務員試験に合格できるのか?という問題について考えてみましょう。

 

一般的に働きながら公務員試験にチャレンジするのは、ニートや無職で公務員試験に専念している受験生に比べて難易度が高いです。

 

仕事が終わってから勉強開始する訳ですので、限られた中で試験対策する必要があります。そのため、1年目は失敗(不合格)で浪人して目指す人も少ないです。

 

契約社員として働きながら公務員試験を受験するのはデメリットだけではありません。実は仕事の経験内容を面接試験や作文・論文試験に活かせるが多いのです。

 

無職やニートで家に引きこもってひたすら勉強している公務員浪人生に比べて、毎日会社に出勤している派遣社員などは面接のネタになるような出来事が少しくらい転がり込んで来るモノです。

 

公務員浪人生が一番苦戦するのは面接対策だと言います。できれば公務員の仕事に関連性のあるネタを毎日少しでも探しておくべきです。

 

また、公務員試験は警察官、消防士、自衛官など公安系職種以外の事務行政区分の試験も面接重視の傾向があります。

 

独学ではなく、教養・専門試験対策の予備校や通信講座・面接対策講座を利用するのも1つの手です。

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク