公務員浪人 辛い

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人には辛い(つらい)現実が待っている・・・

 

そのような内容の記事がネット上で掲載されているのを見かけたことがあります。

 

公務員浪人は辛いのか?失敗後の現実はどうなのか?について紹介します。

 

公務員浪人生の何が辛いかと言うと、合格・就職成功のプレッシャーだと思います。

 

特に年齢制限の厳しい自治体に挑戦する人にとっては今年がラストチャンスなんてこともあるかもしれません。

 

1回公務員試験に失敗すると、悪いイメージが付き、常に「また、不合格になるんじゃないか?私は公務員に向いてないのでは?」などの葛藤と戦っている受験生も多いようです。

 

2回目の公務員試験で辛い現実を見ないためにも人一倍努力して絶対に合格できる自信をつけることが大切です。

 

頑張って勉強して試験前の公務員模擬試験でA・Sランク高得点を叩き出せば不安なんて吹き飛びます。むしろ公務員になることを想像して勉強や面接対策するのが楽しくなるはずです。

 

また、公務員浪人者の既卒は新卒組に比べて現実的に不利なのでは?という意見もありますが、決してそんなことはありません。

 

確かに求められることは新卒に比べて既卒の方が高くなる可能性はありますが、公務員浪人者には新卒に比べて試験対策する時間が膨大にあるというメリットがあります。

 

現実に浪人1回目、2回目、3回目で最終合格して公務員に就職・転職している人はたくさんいます。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク