公務員浪人 理系

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の理系出身者をテーマに紹介します。

 

一般的高校の時点で、理系の道で進む学生もいますが、本格的に文系と理系が分かれるのは大学になってからだと思います。

 

大学の理系学部には化学、生物、生命、理工など様々な名称であります。

 

公務員試験においても理系学部出身者向けの職種が存在します。理系公務員や技術系公務員などの名称と呼ばれることが多いです。

 

理系公務員には種類がたくさんあり、職種によって仕事内容が全く異なります。

 

理系の公務員の代表的な職種として、建築、土木、機械、電子、電気、情報、化学、物理、農業・・・これはほんの一部で公務員には様々な技術職公務員の種類があります。

 

例えば建築職であれば耐震性能に関すること、土木では公共の公園に関することなど求められる能力が異なってきます。

 

理系公務員試験に文系が挑戦するのは一般的難しいと言われています。その原因の1つが筆記の専門試験です。

 

例えば農業であればその専門的な知識を求められる問題が出題されます。農業を専門的に学んできた人でも難しいと言われているので、文系大学生が受験して気軽に合格できるほど甘くはないです。浪人する覚悟が必要になるでしょう。

 

逆に理系の学生が行政職にチャレンジして合格するのはそれほど難しくは有りません。法学部の学生に比べればハンデは対象ありますが、努力次第で何とかなるはずです。

 

公務員の技術職は行政職に比べて難易度が低いので、理系学部の学生にとっては狙い目の試験でもあります。

 

最近では理系公務員試験専門の講座を設けている予備校や通信講座がありますので、利用するのも1つの手です。

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク