公務員浪人 失敗

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の失敗をテーマに紹介します。

 

公務員試験に失敗して浪人・・・最近ではよくあるパターンですね。

 

さらには公務員浪人して2回目の失敗・・・こんな最悪のケースにならないためには、浪人生活の日々を無駄にしないことです。

 

まず落ちる受験生で多いのが、そもそもの試験対策が短い人です。

 

公務員試験は難易度が高い職種が多く、短期で合格するのは至難の業です。勉強時間の短い人だと1ヶ月、2ヶ月で合格してしまう強者も中にはいますが、短期で成功するには効率の良い的を絞った対策が必要になります。

 

他の受験者と同じレベルの勉強量や質では合格するのは難しいと思います。また、1日1、2時間など日々の勉強量が少ないのは成長しにくい傾向があります。

 

頑張っている受験者は1日12時間以上毎日試験勉強に時間を使っています。そう考えるとライバルに差をつけるどころか、どんどん差が開いてしまうでしょう。

 

そうなると独学か予備校・通信講座か?で迷う人も多いと思います。予備校や通信講座は費用面で負担になりますが、その分効率の良い試験対策ができるメリットがあります。

 

逆に独学は費用がほとんどかからないメリットがありますが、勉強方法などの試験対策は全て自分のオリジナル方法になります。間違った試験対策をして効率の悪い勉強になってしまうリスクがあります。

 

どちらを選ぶにしても合格者と不合格者は必ず出てしまいます。しかし、予備校や通信教育を選ぶのであれば、簡単に決めずにできるだけ予備校の資料を多く集めて、講座内容を慎重に比較することをおすすめします。

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク