公務員浪人 年齢

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人は何年何歳まで?をテーマに紹介していきます。

 

地方公務員(県庁、市役所、警察官、消防士、教員等)試験・国家公務員試験は難易度が高く、大・高卒現役合格するのが難しくなってきました。

 

公務員浪人目安は何年間くらい?という問題については1年目で合格するに越したことはありませんが、最悪でも2年目には合格しておきたいところですね。

 

理由は公務員試験は1年単位で対策する試験になりますので、何年も浪人生活をしていれば当然毎日のモチベーションは低下するはずです。

 

不合格→やる気低下→不合格・・・のように悪循環になってしまう可能性が高いのです。毎年同じ内容の勉強をしていれば当然なことだと思います。

 

次に何歳まで公務員浪人することができるか?

 

基本的に公務員の試験要項には受験資格があり、その中に年齢制限についての記載書きがあります。

 

何歳まで受験資格を与えられるのかは試験を受ける自治体や省庁によって異なります。

 

大体の試験では29歳未満であれば受験資格を損失する可能性は低いです。しかし、年齢制限が厳しいケースだと20代中盤、緩いケースだと30代前半まで受けることができます。

 

また、一般の試験とは多少異なる、社会人民間企業職務経験者対象の公務員試験であれば大幅に年齢制限が緩くなり、50代で受験できる自治体もいつかあります。

 

しかし、社会人枠の公務員試験は毎年実施される保証や希望職種が募集されている訳では有りませんので、必ず目指す前に受験する試験要項を確認することをおすすめします。

 

また、試験合格のカギになるのは範囲の膨大な公務員試験ならではの要点を絞った効率的な勉強と民間とは異なる面接対策です。

 

ノウハウのある予備校や通信講座を利用するのも1つの手だと思います。

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク

何年・何歳まで関連ページ

2年目
民間就職
不利
25歳
失敗