公務員浪人 大卒

MENU
スポンサードリンク

大卒公務員浪人(地方上級・国家総合職)をテーマに紹介します。

 

公務員試験の難易度は高く、大学生現役合格できる受験者は限られています。

 

大学生時代に公務員試験に失敗して浪人する人も結構多いみたいですね。

 

大卒公務員試験は地方公務員試験では上級、1類などの名称で実施され、国家公務員試験では総合職・大卒一般職の名称で実施されています。

 

将来の自治体・省庁の幹部候補生として採用されることが多く、高卒・短大卒の公務員試験に比べて求められる能力が高くなります。

 

特に国家総合職試験は日本の行政を支える将来の高級官僚としての適性を厳しく見極められます。

 

人の上に立つ幹部候補生試験では受験生の人間性を良く見られます。それだけ面接対策には力を入れるべきなのです。

 

また、国家総合職は司法試験・会計公認士に並ぶ日本三大国家試験の一角の担う超難関試験です。

 

当然、一発合格するのは難しく、東大生でも現役合格するのは難しいと言われています。特に財務省は東京大学法学部のトップクラスの成績の超優秀学生が多数受験するので、浪人して再度挑戦する人も多いみたいですね。

 

地方上級試験も国家総合職に比べると難易度は落ちますが、国立大学出身者も多数受験する試験です。簡単には合格することはできないでしょう。

 

大卒公務員浪人の注意点としては受験資格を確実に確認しておくことです。年齢制限の厳しい自治体では20代の内に受験資格を損失する場合もあります。

 

浪人を決めて、公務員試験にチャレンジできないようでは元も子もありません。

 

また浪人1年目で合格するには効率の良い勉強と面接対策が必要になります。大卒公務員試験の難易度を考えると予備校や通信講座の選択もアリだと思います。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク