公務員浪人 悲惨

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人は悲惨地獄だ!

 

そう感じる人も一部の受験生の中でいるようです。

 

しかし、本当に公務員浪人は地獄で悲惨なのでしょうか?それほど大変で、難しいことなのでしょうか?

 

実は公務員試験に失敗して再チャレンジする人は大きな可能性を得ているのです。

 

1年余分に時間を与えられるということは本当にやりたい仕事を見つけるチャンスが1年間多く得ることになります。

 

公務員にもたくさんの種類があります。地方公務員であれば試験区分は大卒上級、短大・専門卒中級、高卒初級公務員など学歴が違えば、市役所、都道府県庁、警察官、消防士、教員などいろいろな種類があります。

 

公務員は行政職だけではありません。実はあまり知られていませんが、土木、電気、林業、農業、機械、化学など技術系公務員や獣医師、薬剤師など資格免許系公務員まで幅広い種類があるのです。

 

国家公務員、国際公務員など様々なジャンルの公務員試験を合わせれば相当の数になるでしょう。

 

公務員浪人が決まったことをきっかけに就職先選びを見つめなおすのも1つの良い手だと思います。

 

膨大に時間がありますので、今まで公務員模試でDランクだった試験でも1年間あれば合格できるかもしれません。

 

悲惨・地獄とはとらえずに自分にとって大きなチャンスと捉えていただければと思います。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク