公務員浪人 行政書士

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人と行政書士の関係性について紹介します。

 

すでにご存知の方は多いと思いますが、行政書士は一定の期間地方公務員や国家公務員の行政職として働くことで取得できる資格になります。

 

一定期間勤務するだけで取得できるなんて、公務員という職業はなんてラッキーでお得なのでしょうか?と思う人も多いようです。

 

実は公務員になることで、獲得できる資格は行政書士だけではありません。科目免除などを合わせると税理士、社会保険労務士、弁理士、司法書士など日本を代表する国家資格がそれぞれの条件を基に取得又は試験科目免除してもらうことができるのです。

 

「資格取得ならまずは公務員になりましょう!」という言葉をする人がいるくらい魅力的に感じている人も多いようです。

 

又は対照的に公務員制度に疑問を持っている人も中にはいます。当然公務員にだけ資格取得の特権があるのはずるいという意見も出ています。

 

そう考えると公務員の資格優遇制度も廃止される日も近いのかもしれません。

 

公務員浪人に失敗した人が行政書士試験を目指す人が多いのは試験科目の重なる部分が多いので、勉強を進めやすいなどの理由があります。

 

また、地方上級公務員試験や大卒国家一般職の受験生の中には大学1、2年の時に科目が重なるという理由で行政書士を取得している人も多くいます。

 

公務員浪人の逃げ道の1つとして行政書士になるのも1つの手かもしれませんね。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク