公務員浪人 25歳

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の25歳をテーマに紹介します。

 

まず25歳で公務員試験にチャレンジできるのか?という問題について触れていきたいと思います。

 

公務員試験には自治体や省庁別の独自の受験資格があります。その中に必ず年齢制限が設けられています。

 

同じ自治体でも大卒程度と高卒程度、事務職・技術職・資格免許などによって年齢制限が異なる可能性があります。

 

自治体によって25歳の若さでも受験資格を満たすことができずに試験を受けることができない可能性もありますので、自分の狙っている公務員試験の詳細を確実に確認しておくことをおすすめします。

 

また、実はあまり知られていませんが、公務員試験には社会人枠というモノが自治体によって存在して、40歳~50歳でも挑戦できるケースが有ります。

 

つまり、公務員試験は全国全ての自体を範囲にすれば20代~50代の幅広い年齢層が転職に挑戦できる試験でもあるのです。

 

25歳の公務員浪人のリスクは全くないとは正直言えません。25歳の段階で公務員浪人しているということは数回・数年間失敗したということになると思います。

 

不合格になるクセがついてしまい、勉強のモチベーションの低下、20代の経験力の乏しさが不安要素になります。

 

一般的に25歳という年齢は大卒新卒入庁の場合、1回目の人事異動を経験している年代です。

 

そう考えると例え公務員試験に合格しても出世や昇任試験でハンデが多少出てしまう可能性があります。

 

公務員試験はできるだけ浪人年数を少なく合格しておきたいところです。そのためには効率に良い試験対策が求められます。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク