公務員浪人 独学

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の独学をテーマに紹介します。

 

現在では多くの公務員専門学校が各地方に設置されているため、通信講座や予備校を利用して公務員試験対策している受験生は多いようです。

 

まず最初に独学で公務員試験に合格できるのか?と疑問に思っている受験者が多いと思いますので、伝えておくと、大卒、短大卒、高卒問わず独学で公務員試験に合格している人はたくさんいます。

 

つまり、公務員浪人生が独学で再チャレンジ合格することは可能なのです。

 

独学で公務員就職に成功するためには、正しい勉強法と効率の良い試験対策をすることがカギになります。

 

自分だけのオリジナル勉強法で試験対策をすることになりますので、間違った方法で試験対策をしていても指摘してくれる人は誰もいません。

 

つまり、公務員試験対策の全てが自己責任で実施することになり、誰にも助けてもらえません。

 

しかし、逆に言うと完全に自分のペースで学習を進めることができるため、捨て科目を作ったり、重点に学習したい場所を選ぶことができるメリットもあります。

 

公務員試験の筆記は教養問題が必ずと言っていいほど出題されます。大きく知識分野と知能分野に分かれていますが、知能分野が曲者ですね。

 

学校では習う機会がほとんどない文章理解、数的推理、判断推理、資料解釈で構成され、多くの受験生を悩ませています。

 

知能問題は一般的に教養試験の半分の出題になりますので、絶対に攻略しなければいけない問題です。

 

知能分野をマスターできないで、独学から最終的に通信講座や予備校に切り替える人も結構いるみたいです。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク