公務員浪人 フリーター

MENU
スポンサードリンク

フリーター公務員浪人をテーマに紹介します。

 

フリーターとはアルバイト、契約・派遣職員などのことを言います。

 

少し前に嵐の二宮さんやモデルのカリナさんがドラマ出演していた「フリーター家を買う」をイメージでして頂ければ分かりやすいと思います。

 

そんなフリーターから公務員に転身するは可能なのでしょうか?受験資格を満たせるのでしょうか?

 

基本的には社会人職務経験者試験以外の一般的な公務員試験では民間企業の職務年数や経歴が受験資格になっている自治体はほとんどないと思います。

 

受験資格を満たすために重要になってくるのは年齢です。

 

公務員試験の一般的な年齢制限の場合ですと、30代になると受験資格を満たす自治体が少なくなり、40代になるとほとんど受験できる試験が無くなってしまいます。

 

社会人職務経験者試験のケースですと、40代・50代で公務員試験にチャレンジすることができるですが、大抵が直近8年以上で民間企業で5年以上継続して勤務した者など各自治体や省庁によって様々な条件を満たす必要があります。

 

そう考えるとフリーターで受験資格を満たす、社会人公務員試験はごく一部ということになります。

 

フリーターで公務員浪人する場合で気を付けなければいけないのは年齢制限です。

 

3年、4年と失敗するともしかすると、年齢オーバーになって試験事態を受けることができなくなる可能性があります。

 

フリーターが公務員試験に合格するには正しい勉強ができる環境と、要点を掴める面接対策です。

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク