公務員浪人 ニート

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人のニートをテーマに紹介します。

 

ニートは働いていない、就職活動を実施していない10代後半~30代前半の若者を主としています。

 

家事など家の手伝いをしている人はニートではないようです。

 

一般的にニートに対する定義はあいまいで、様々な意見の違いが出ています。

 

実は人生逆転を狙ってニートから公務員への就職を目指す人も多いようです。

 

また、一度公務員試験に不合格(失敗)してやむを得なくニートになって公務員浪人するパターンもある用です。

 

前者の場合、気を付けなくてはいけないのは年齢制限です。公務員は40代、50代でもなれると言われていますが、それは自治体によることを頭に入れておいてください。自治体によっては20代後半でアウトのケースも珍しくありません。

 

第一志望の自治体が受験資格を満たしていなければ試験を受験することすらできないのです。

 

まず、公務員試験にニートでチャレンジする場合は自治体の採用ホームページの最新情報を確認しておくことです。

 

公務員試験対策を始めてから受験できないことが分かれば、今まで勉強した時間が無駄になってしまうかもしれません。

 

後者の場合は良くあるパターンと言えるでしょう。公務員試験は現役合格するのが難しいので、浪人する人が溢れています。

 

アルバイトなど働きながら目指すと勉強などの負担になってしまうことから、専念するためにニートとして浪人するケースが多いのです。
ニートのメリットは勉強時間が豊富なため広範囲で対策することができることです。

 

しかし、デメリットは部屋に出ることが少ないため面接試験でネタになることが少ないことです。

 

公務員浪人のニートは1次試験の合格率は比較的良いですが、面接試験で落ちる人が多いような気がします。

 

面接のみの専門講座などもありますので、利用するのも1つの手です。

 

警察官対策/予備校一覧/浪人面接攻略

スポンサードリンク