リスク

MENU
スポンサードリンク

公務員浪人の割合、合格率・成功者、末路・その後や公務員試験の勉強が活かせる仕事や資格取得、行政書士と公務員浪人、などを紹介するページです。

 

公務員浪人にはリスクは付き物です。合格するためには少しでも効率の良い勉強や公務員専用の面接対策をしたいところですね。

スポンサードリンク

公務員浪人 リスク記事一覧

 

公務員浪人は怖い又は危険だ!という人もいるようです。公務員浪人が危険と言われる理由の1つとして考えられるのは、新卒ではなくなることだと思います。第二新卒などの言葉が最近出てきましたが、やはり既卒より新卒を取る傾向が民間企業にはあるようです。公務員浪人するということは、民間に就職変更する難易度がそれなりに高くなる覚悟はしておいた方が良いでしょう。しかし、元々公務員以外の就職は有りえないと強い公務員試...

 
 

公務員試験全体の浪人生の割合は4割、3割など言われていますが、実際は何パーセントでしょうか?実際には統計データーが無いので分かりませんが、結構多いはずです。例えば高卒程度の公務員試験の場合、採用人数が少ない自治体では合格者の大半を専門学校や通信講座に通う公務員浪人生という話を聞いたことがあります。公務員浪人生は新卒学生を脅威なライバルと認識しているようですが、新卒学生からすれば、自分より1年間を多...

 
 

公務員浪人のその後と末路を紹介します。公務員試験に失敗した受験生のその後の末路の種類は大きく2種類に分かれると思います。1つ目は公務員試験にチャレンジして公務員浪人をしないで、民間企業に就職先をシフトチェンジする方法です。早い段階で、民間就職に切り替えれば、間に合う可能性は十分にあります。公務員になりたい理由が安定、高収入、社会的地位などが理由な人であれば公務員という職業にこだわる理由はないはずで...

 
 

公務員浪人の受験者の合格・成功率を紹介します。公務員浪人者の成功率など合格する確率は具体的なデーターがありませんので、はっきりした内容はわかりません。しかし、受験勉強の期間や公務員試験の経験年数の長さを考えると新卒学生に比べて既卒の公務員浪人者の合格率は高いような気もします。公務員浪人の成功者が多いと感じる理由があります。それは大手の公務員予備校の実績を見ると分かると思います。実は高卒程度の公務員...

 
 

公務員浪人と行政書士の関係性について紹介します。すでにご存知の方は多いと思いますが、行政書士は一定の期間地方公務員や国家公務員の行政職として働くことで取得できる資格になります。一定期間勤務するだけで取得できるなんて、公務員という職業はなんてラッキーでお得なのでしょうか?と思う人も多いようです。実は公務員になることで、獲得できる資格は行政書士だけではありません。科目免除などを合わせると税理士、社会保...